スポンサーサイト

--/--/-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おまたせ。

2010/12/05 01:11
えーと先ほどいってた動画を上げました。

PokemonM@STERえりこファンP 第3回『読み』

実況できなかったので、解説します。

今回の対戦に出した3匹は相手の6体を見て、

メジャーなポケモンが多かったため対策出来るこの3匹を使いました。

相手の初手ニドキングは恐らく夢特性『ちからずく』ですね。

技構成もテンプレだし間違いなくWikiのやつなので読みやすかったです。

当然こちらは『とんぼがえり』で交代を選択。

相手の2匹目のクチートですが、

クチートの強さは知り尽くしてるのでこれも読みやすかったですね。

しかも技構成がこれまたテンプレ。

有名な『みがきあ型』ですよ。

クチート使いとして言わせて貰うと、正直みがわりは確定技ではないと思う。

クチートのHP種族値50でみがわり使うと寿命を縮めるだけかと。

『きあいパンチ』は相手の交代読みで打つのがベスト。

まぁあのときこちらは安定してチラチーノで『アンコール』がうてるわけですよ。

クチートは上級者向けのポケモンですから、読みが相当うまくないと使い物になりません。

俺もまだ完璧に使いこなせないですね。扱いが難しいですよほんと。

ちなみにクチートの性格が攻撃補正をあげるもので、尚且つ個体値V、努力値252振りで

『つるぎのまい』を1回積むことにより攻撃実数値300いきます。

ただクチートの耐久力では攻撃2発耐えられるか不安なので自ずと『きあいのタスキ』が必須となりますよね。

さて本題に戻ると、

チラチーノのアンコールが決まったあと、

何故『タネマシンガン』を連発していたかというと、

相手の交代読み居座りでした。

まぁここの読みは当たらなかったですけどw

すなおにエモンガに交代でみがわり張ってたほうがよかったのかもしれない。

んで、ニドキングにアンコールをうったのは『ふいうち』読みですね。

ニドキングは遺伝技に『ふいうち』を持っているので警戒してアンコールを。

ニドキングの唯一の先制技なので余計警戒しますよね。

まぁあとは見てもらうと分かるように勝ち確でした。

動画が途中で終わってたのは相手の降参です。

うーん@@;今でも悔しい。この読みあいを実況できないことがw

まぁ最後に。

Wikiテンプレはあくまでも参考。

そのままは読まれやすいですよ。

まぁテンプレに載るくらいだから安定した強さを保てますけどねw

俺はまぁ自分のやり方でポケモン育てたいので参考程度にあのサイトは見ますがw

俺のチラチーノはタイプ一致の『スイープビンタ』を覚えさせていません。

どうやら確定技らしいけど、俺はそうは思わないなぁ。

あまりにも有名すぎてゴーストで止まる。

まぁほかの連続技にもいえるが、鋼で止まる。

俺のチラチーノはゴーストでは止まらないが鋼では止まるので他のメンバーで対策とってますね。

あのWikiにも載っていましたが自分で考えてこそのポケモンなんですから。

さて今回はこのへんでwノシ
スポンサーサイト



Comment Post

Name:
Subject:
Mail:
URL:

Pass:
Secret:管理者にだけ表示を許可する

Trackback

Trackback URL:
 Home 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。